MENU

チャンピックスにかかる費用

禁煙補助薬チャンピックスを購入するのにかかるコストですが、3つのパターンがあります。

 

健康保険等の保険適用で病院で処方

病院の禁煙外来に行き、健康保険などの保険を適用して購入するのが、費用的には最も安く抑えることが出来ます。

 

チャンピックスは条件を満たせば保険が適用されるため、3割負担ですみます。
禁煙外来を受診する必要があるので、診察料・処方箋料・ニコチン依存症管理料など病院でかかる費用を計算に入れましても、

 

チャンピックスの代金13,050円+病院費用6,000円の総額19,050円となります。

 

保険無しでの自費診療

ニコチン依存症との診断がおりなかった場合や、初回の診療から1年以内に診療を受けなおす場合、また保険証がない場合などは自由診療となり、全額自費での購入となります。
その場合の費用は

 

チャンピックスの代金43,500+病院費用20,000円の総額63,500円とかなりの高額になります。

 

個人輸入を利用しての通販

個人輸入を利用しての通販での購入の場合、チャンピックスの代金は全額自費での購入となりますが、処方箋無しでの購入が可能なため病院での費用はかかりません。
この場合の料金は

 

チャンピックス代金39,800円(時期や相場により多少の変動があります)のみの総額39,800円となります。

 

 

※費用は一例です。診察や相場により変動する場合がございます。

チャンピックスの費用まとめ

チャンピックスを購入する場合に最もコストを抑えることができるのは保険適用での禁煙外来での購入です。
通院の手間や診察にかかる費用などがありますが、負担するのが3割で良い、というのはやはり大きなメリットです。

 

ついで通販が安く購入でき、自由診療、自費での購入となるとかなりコストがかかってしまいます。

 

必ずしも保険適用で受診できるわけではない

費用を抑えるためには通販で購入する必要がなく、禁煙外来を受診すればいいのですが、人によっては禁煙外来で保険が適用されません。

 

禁煙外来で保険適用されるにはいくつかの条件があります。

 

以下のテストで基準に満たない場合は保険が適用になりません。

 

健康保険などで禁煙外来での禁煙治療を受ける為の条件
・ニコチン依存症を診断するテストで5点以上

 

・1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上

 

・1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている事

 

・禁煙治療を受けることに文章で同意している(問診票に日付・名前等の記入)

 

これらの条件を満たせば禁煙治療に健康保険が適用されます。
ニコチン依存症などのテストは以下のサイトで簡単に受けることが出来ます。

 

 

また、これらの条件を満たしていた場合でも。初診から1年未満の場合保険が適用になりません。
一度禁煙外来を受診したものの、途中であきらめてしまい、また一から通院しなおして禁煙にチャレンジしよう、と思っても初診から1年たっていないと自由診療扱いになります。

 

 

出来れば保険を適用しての処方が最も安くチャンピックスを購入することが出来ますが、事情により保険が適用にならない、という方は個人輸入を利用しての通販が最もお得に購入出来ることになります。

 

また、あとメンテナンスパックが1個だけ欲しいけど病院にいくのが面倒な方などが多く利用されているようです。

 

 

 

個人輸入代行を利用して通販出来るサイトを見比べた結果、下記サイトが38,906円・送料無料で現在最安でした。
>>チャンピックス通販最安値はコチラ

関連ページ

チャンピックス使用方法
チャンピックスにはスターターパックとメンテナンスパックがあり、使用方法が違います。チャンピックスの飲み方を説明します。
これまでの禁煙補助薬との違い・禁煙に繋がる仕組み
ニコレットなどとチャンピックスは何が違うのか。これまでの禁煙補助薬とチャンピックスとの違いをご説明します。
俳優の舘ひろしさんも使用
チャンピックスは俳優の舘ひろしさんが禁煙に成功した禁煙治療薬です。チャンピックスの正規品は通販でも購入することが出来ます。
チャンピックスの口コミ
チャンピックスを使用して禁煙にチャレンジされた方の体験談や口コミをまとめました。