MENU

タバコのタールの量は銘柄によって固定

タバコにはタール○mgといったように、箱にタールの量らしきものの記載があります。

 

これ実はタバコに含有されているタールの分量というわけではないのです。
タバコを吸わない私は知ってビックリしましたし、吸う友人に教えると同じようにビックリする人が多くてさらにビックリしました。

 

凄く有害なものを吸っているのに意外に詳しい事知らない人が多いようです(笑)。

 

タールの量は同銘柄なら同量

メビウスの6mgと10mgだと、1本あたりのタールの量が違うと思われがちですが、実は同じなんです。
銘柄ごとに使われている葉っぱは同様のもので、フィルターの密度に違いによって吸った時に吸収するタールの量の目安としての表記なのです。

 

ここで注意しないといけないのは、あくまでタールの吸いこむ量の目安ということです。
1mgのタバコを10本数のは、10mgのタバコを1本吸うのと、タールの量は同じくらいですが、その他の有害物質は10本分吸いこんでいるのです。

 

タバコにはタール以外にも、ニコチンや、一酸化炭素、それ以外にも数百、数千含まれている有害物質があります。
それらの有害物質の表記がされているわけではありません。

 

副流煙は何も変わらない

タールの量は同じでフィルターによって吸いこむ量を調整しているだけにすぎません。

 

なので、副流煙に関しては1mgのタバコでも10mgのタバコでも同じなんです。
つまりまき散らしている有害物質の量は何も変わらないんです。

 

吸っている本人にだけ影響がある表記と言ってよいでしょう。

 

軽いタバコに替えたけど物足りなくて本数をたくさん吸ってしまう、という方は、タールの摂取量は少々減っていたとしても、その他の有害物質の摂取量は軽くする前より多くなっている可能性が高いと考えましょう。

 

結論

少しでも体のために軽いタバコにする、という発想自体は間違ってはいませんが、結果として体への負担が軽くなっている、とは言い切れないことが多いのです。
健康の事を気にするのではれば、やはり禁煙するしかありません。

 

ニコチンの中毒性は麻薬並みとも言われていますので、どうしても自分の意志だけで禁煙するのは難しいかもしれません。
昨今、様々な禁煙補助薬が開発されていますので、色々試してみるのも良いのではないでしょうか。

関連ページ

喫煙のデメリット
喫煙、タバコをすっている事のデメリットなどをご紹介します。
禁煙のメリット
禁煙に成功することのメリットや成功された方の声をご紹介します。禁煙後の自分を想像する時の参考にするとよいでしょう。
喫煙者はモテない時代!?
昔は喫煙者にはかっこいい、クール、というイメージがありましたが、時代は変わっているようです。
禁煙に成功した有名人
有名人、芸能人の中にも禁煙に成功された方は多数おられます。その紹介や、止め方などを掲載します。
お酒には要注意
本気で禁煙を志すなら、お酒は控えた方が賢明です!
意外と知らない?ニコチンとタールの違い
煙草にはタールとニコチンが含まれていますが、煙草を吸っている人でも意外とどう違うのか知らない方がおられます。その違いを説明します。