MENU

チャンピックスを健康保険を適用して購入

禁煙外来でチャンピックス

 

禁煙外来で診察を受け、治療の一環としてチャンピックスを処方してもらう、というのが一般的な購入方法です。

 

しかし禁煙外来で治療を受けようとすると、健康保険等を適用して受診する為には一定の条件があります。

 

健康保険などで禁煙外来での禁煙治療を受ける為の条件
・ニコチン依存症を診断するテストで5点以上

 

・1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上

 

・1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている事

 

・禁煙治療を受けることに文章で同意している(問診票に日付・名前等の記入)

 

ニコチン依存症などのテストは以下のサイトで簡単に受けることが出来ます。

 

 

これらの条件を満たしていない場合、禁煙外来での治療は自由診療となるため、医療費が全額自己負担となり、非常にコストがかさんでしまいます。

 

また、これらの条件を満たしていても、禁煙外来で過去1年以内に診療を受けていた場合保険が適用されません
一度禁煙外来で診療を受け、薬を処方してもらったが諦めてしまった場合に、もう一度一年以内に受診すると保険が適用されず自由診療扱いとなります。

 

自由診療とは

自由診療とは、健康保険等の保険が適用されない診療のことを指します。
厚生労働省が承認していないお薬を使用する場合や治療を行う際には保険が適用されず、治療費が全額自己負担となります。

 

代表的な例としては、がん治療が挙げられます。
抗がん剤は海外では承認されている有効な薬でも日本では未承認の場合も多く、治療費の高騰が問題となっています。
日本は新しい薬の承認に特に時間がかかると言われています。
新薬の承認に関しては、その薬の安全性の確認に時間がかかるほか、真意のほどは定かではありませんが、製薬会社の利権絡みの問題もあると言われております。

 

一般的に保険が適用されると、治療費の3割を負担すればよくなるのですが、自由診療の場合残りの7割も自己負担となるため注意が必要です。

 

チャンピックスも保険が適用されると3割負担で購入出来るため、診察代金などを計算に入れても安く購入することができますが、保険の適用無しでチャンピックスを購入する場合、診察料などが不要となるので通販での購入がお得になります。

 

関連ページ

チャンピックスはAmazonや楽天で買える?
チャンピックスは医薬品ですので、チャンピックスをAmazonや楽天といったネット通販で購入することは出来ません。