MENU

たばこの影響は吸う本人だけではありません

たばこを吸うと体に悪い、というのはもはや誰でも知っている事実となっています。
しかし、ニコチンの中毒性によりやめたくてもやめられない人が多いというのも事実です。

 

タバコを吸うと体に悪い、とは言いますが、悪影響があるのは何も吸っている本人だけではありません。

 

副流煙による受動喫煙の被害は何年も前から問題となっていますが、実は副流煙を直接吸いこむこと以外にも多くの影響があるのです。

 

海外では、受動喫煙を非常に大きな問題としてとらえている国が多く、公共の場では全面禁煙になっているところも多数あります。

 

その点日本では対策が遅れており、タバコ後進国、と言われることもおおく、東京オリンピックに向けて対策の必要性が大きくなっています。

たばこが与える影響について記事一覧

小学校の頃に習った受動喫煙(2次喫煙)という言葉は耳にする事もありますが、“3次喫煙”という言葉はあまり耳にする事ない気がします。この3次喫煙とは、室内のカーテンやソファなどの表面や、環境に残った副流煙の成分から化学物質を吸い込む事を言います。ニコチンなどの毒性のある物質からの影響が数倍から数十倍に膨れる事がある事が判明しました、ここ最近の研究によりとても危険である事がわかってきました。付着する繊...

女性への喫煙の影響は大きく、女性にとってタバコに含まれる有害物質は、妊娠する以前の段階においても、妊娠する能力の低下もあり、不妊症にも繋がる可能性もあります。妊娠中の方ですと、早産や妊娠期間の短縮など、赤ちゃんがまだ未熟な状態で生まれてくる可能性が生まれます。ここでいう未熟な状態というのは、世間で言う未熟児、低出生体重児の事です。胎児の体がまだ出来上がってないと、胎児の生命活動に影響があり、また母...

1978年の2月18日に「嫌煙権確立をめざす人びとの会」が設立され、本格的に嫌煙運動を行う人たちが現れました。1978年というとまだまだ分煙などの意識が低く、煙に我慢ならない人たちが立ち上がったんでしょうね。禁煙に成功した方や元々タバコを吸わない方などからしたら煙は迷惑で仕方ありません。最近では分煙や、全席禁煙の飲食店、喫煙スペースを設けた店舗など吸う人と吸わない人との住み分けの意識が高くなってき...